Skip to content

薬剤師の年収

薬剤師の平均年収は約500万円

薬剤師の平均年収はだいたい500万円前後と言われています。

ただこれはあくまでも中間値であり、実際には400万円~800万円のレンジで大きな幅があるともされています。

新人のうちは平均年収がさらに下がることもわかっており、勤め始めたばかりの薬剤師の中には約200万円~300万円くらいという人も見られます。

薬剤師の年収にこんなにばらつきがあるのは、勤務先となる施設が幅広く存在しているということと、実力主義的な仕事内容ということもあって勤務年数によって備わっているスキルでかなり年収設定が変化するためです。

薬剤師業界で転職が多いというのもこうした年収のばらつきがもとになっていることが関係しており、特に20~30代くらいの若い薬剤師さんなどは自分のやりたい業務をするにあたってより高い年収の場所を探して何度も転職をするというケースが見られています。

年収だけが仕事のやりがいというわけではないのですが、仕事をしていくならば自分の勤務内容に見合った年収額であるかということはしっかりと把握していきたいところです。

年収が高く設定されがちなのはドラッグストア

数多くある薬剤師の勤務先の中でも、比較的年収額が高めに設定されているのはドラッグストアです。

ドラッグストアでは基本的にはOTCなど市販品が取り扱われますが、最近では店舗内に調剤薬局を併設している場合も多く薬剤師が常駐していなければいけない施設が増えています。

そこで経験のある薬剤師を優先的に採用することで、一般の調剤薬局と同じように窓口で薬の処方をしたり薬品の相談を受け付ける業務ができるようにいているのです。

ドラッグストアは店舗数が非常に多いため、一店舗ごとに薬剤師を常駐させるとなるとかなりの人数が必要になってきます。

そのためほかの薬剤師の求人よりも高めに給与を設定することで、多くの優秀な人材を集めるようにしているということです。

ただしドラッグストア勤務の薬剤師の場合、調剤薬局などといった専門施設と異なり店舗運営のための仕事が多くかせられることになります。

店内清掃や品出しといった雑用の他、レジ打ちや欠品の補充、宣伝用のPOP作成などといったお店のための一般業務も就業時間中にするようになっている店舗が多くあります。

考え方次第ですが、調剤業務だけを行いたいという薬剤師にとってはドラッグストアの店舗業務はちょっと抵抗感があるかもしれません。

年齢が高くなると年収が上がる傾向

薬剤師の平均年収は、年齢とともに高まる傾向もあります。

各年代ごとにデータを比較してみると、新卒として薬剤師デビューしたばかりの24歳の薬剤師の場合には平均年収額は約390万円とされています。

それが20代後半になると約440万円、30代で500~600万円にまで高まっていきます。

平均年収のピークは40~60歳までの約770万円で、病院の薬剤部部長やドラッグストアの店長、調剤薬局の責任者といった管理職に就くことでそうした高収入を期待することができます。

正社員として以外にも、結婚や出産をした女性が時短勤務としてアルバイトやパートとして勤務をすることができ、その場合にも時給額は2000円~3000円とかなり高い設定になっています。

Published in薬剤師について