Skip to content

薬剤師としての就労先

様々な現場を選べる薬剤師

薬剤師としての仕事は、他の医療系資格と比較してかなり広い分野から選べるという特徴があります。
医師や看護師、検査技師といった仕事は基本的には病院や診療所といった治療施設が勤務先となり、他には介護医療の施設といった現場からの求人を見て仕事を選びます。

しかし薬剤師の場合にはむしろ病院や診療所といった本格的な医療施設に勤務する人は少数派で、多くは調剤薬局やドラッグストアといった薬の販売に関する仕事をしていきます。

選べる仕事の種類が多いということはそれだけ自分の適性にあった仕事を探しやすく、実力次第でどんどん収入を伸ばしていくことができるということになります。

民間の仕事が増えてきています

特にここ最近の薬剤師の仕事として注目なので民間企業での業務です。
CROやSMOといった製薬関連の業務を行う企業の仕事では、薬に対しての広い知識は欠かせません。
こうした医療関連以外の仕事の場合、必ずしも薬剤師の資格がなくとも4年制の薬学部を卒業した人でも就職が可能ではありますが、やはり資格がある人材はより就職には有利です。

また薬学研究を行う研究所や、公的機関である厚生労働省や文部科学省の出先機関からも定期的に薬剤師の求人はあり能力に応じての仕事が見つけられます。

Published in薬剤師について