Skip to content

薬剤師のやりがい

薬剤師にとって最大のやりがいとは

薬剤師として勤務をする先はいくつかありますが、それらに共通しているのは「患者さんが元気になっていく様子を見ることができること」というやりがいです。

調剤薬局をはじめとし、病院の薬剤部やドラッグストアに勤務をする場合には多少なりとも健康に不安を抱える人が訪れ必要な薬剤を求めてきます。

そこで医師の処方箋などをもとに必要な薬品を提供し説明をしていくのが薬剤師の勤めになるわけですが、そこで出した薬品を服用した人が次回に訪れたときに元気になっているとやはり多くの薬剤師が仕事の成果を感じやりがいとして認識をするのだといいます。

私自身も薬剤師として何年も経験がありますが、最初は難しそうな病を抱えていた人も根気よく治療をしていくことで少しずつ回復していく様子を見られるのは我がことのように嬉しいものです。

それは感情的な面でもそうですが、もう一つ薬物を扱うプロとして取り扱っている薬品が実際にその通りの効果を得ることができたという臨床研究という面においてもかなり嬉しく感じる部分でもあるのです。

調剤薬局ならではのやりがい

調剤薬局に勤務する薬剤師の場合にはまた特別なやりがいを感じる部分があります。

それは例えば訪れる患者さんと会話をして親しくなった場合や、相談を受け付けてその通りにした患者さんがあとから効果を実感したとお礼を言ってくれるような場合です。

調剤薬局の場合には患者さんとの距離が近いため、病状や調剤についての相談も受けやすく、病院の診療についての感想なども詳しく聞くことができたりします。

病気に悩む人の多くは病気そのものだけでなく、健康不安からくる仕事や家庭内の悩みも多く持ちやすくなっているため、薬剤師は時に業務とは関係無いような個人的な話を打ち明けられたりすることがあります。

そんなときに親身になって悩みを聞いてあげたり、健康になるためのちょっとしたアドバイスなどをしていくことで信頼感を築きより治療しやすい環境を作り上げていくことができるのです。

信頼関係を築いた相手になると薬の使い方についてもお互いの意見を反映させやすく、そこからさらに自分にあった治療薬剤を選んでいけたりもします。

患者さんと二人三脚で健康のための道筋を作っていくことができるというのが調剤薬局ならではのやりがいというふうに言えるでしょう。

薬剤師としてのやりがいは人それぞれ

薬剤師としてのやりがいは人それぞれで、どのように勤めていくかによって全く違ってきます。

人によっては同年代の人たちと比較してかなり多い年収を得ているということをやりがいにする人もいますし、給与とは別に多くの臨床現場に立ち会い最新の医療機器に触れることができるということをやりがいに思う人もいたりします。

薬剤師の仕事は勤務する場所だけでなくそこで何をしていくかも本人の資質や希望が大きく反映されるので、やりがいの見つけ方もさまざまな分野から選ぶことができます。

長く仕事を続けていくときには自分がどういったことにより喜びを感じてもっと仕事をがんばろうと思えるかについて自己分析をして、そこからキャリアを探していくのがよい方法と言えます。

Published in薬剤師について