Skip to content

ひとりカラオケでストレス解消

ヒトカラデビューしました

薬剤師としての勤務は基本的には楽しいものなのですが、仕事で忙しい日が続いたりいわれなきクレームを一方的にぶつけられてしまったりした場合にはどうしてもストレス解消がしたくなります。

それと接客業であるということでプライベートなどでちょっとつらいことがあっても、笑顔を常に作らないといけないということもまた仕事上のストレスになります。

そんなときには人それぞれでストレス解消方法を実践していくわけですが、私にとって今一番のブームとなっているのは「ヒトカラ」こと一人カラオケです。

一人カラオケは昔からあったのですが、どうも「みんなで行くカラオケに一人で行くなんてかわいそう。さみしい」といったイメージがあってちょっと抵抗感がありました。

ですがここ最近ではあえて一人で行きたいという人のための一人用ルームに力を入れるカラオケ店も増えてきたようで、たくさんのお店から自分の好みの部屋を選ぶことができたりとかなり贅沢なものになりました。

私も流行からはちょっと遅れていますがようやく一人カラオケデビューをするべく、近くのカラオケ店に行ってみました。

人と比べられないという楽しさ

これは性格的な問題なんでしょうが、私は友人とカラオケに行くと周囲に受ける歌を選んで入れないといけないと思ったり、盛り上がる曲にしないといけないというような「空気読んだ」行動をしてしまう癖があります。

そうした気を使ったカラオケも楽しいことは楽しいのですが、自分の好きな曲を思うように入れることができなかったり、うまく歌わないといけないと思ったりとそれ自体がストレスになってしまうこともあったりします。

そこで自分の好きな曲を好きなように何度も入れることができるヒトカラなら、周囲の目を気にせずに好きな曲だけを歌うことができるという楽しさがあります。

音が外れるのを気にせずに思い切った高い音を出してみたり、なりきって哀愁たっぷりに歌ったりと自分の世界に没頭できるのでまさに時間を忘れるほどの楽しさです。

一度ヒトカラに来るとその楽しさがくせになってしまうと言われていますが、まさにその言葉通りだなと実感しているところでもあります。

ヒトカラとちょい飲みで充実

ヒトカラと一緒に次いでデビューしてきたのが「ちょい飲み」です。

「ちょい飲み」も今流行している一人の楽しみ方ですが、定食屋やファミリーレストランなど本当は食事を提供するお店でお酒1杯から注文をすることができるメニューです。

居酒屋と違ってお通しを取られないところや、何杯も頼まなくても気まずくないというところがポイントで、ほんのちょっとだけ飲んで帰りたいなという時に使うととても便利です。

これまでは気になってはいたけれどもなんとなく注文するのが気が引けて通りすぎていたのですが、ヒトカラで気分が上がったところで思い切って注文したのでわりと平気でした。

一人でも楽しく休日を過ごすことが出来るお店がいつの間にか増えていて、個人的にはとても嬉しいです。

Published inプライベート