Skip to content

服薬指導は難しい

ホントは難しい服薬指導

薬剤師の仕事の中でも重要度が高いのが服薬指導です。
服薬指導とは、医師の処方箋を持ち込んできた患者さんに対し実際に薬を出す場合にその注意事項を本人に説明するというものです。

薬剤師はただ処方箋に書かれていることだけをそのまま注意すればよいというわけではなく、本人の体質や薬を飲むための体質、生活習慣などから総合的に考えてどういった方法で薬を提供するのがよいかということを考えていくことになります。

法律では医薬品として分類される薬品を提供するときには必ず本人に服薬指導をしなければならないと定められているのですが、これも薬剤師がきちんと相手を見て薬を出すことができるようにする目的によるものです。

忙しい時や連続して同じ薬を出す時などはつい省略してしまいたくなるのですが、それは薬剤師としては最もやってはならないことです。

あくまでも最終的な目的は患者さんが自分で薬を飲めるようにすること

薬に対して正しい知識がなければできないのが服薬指導とはいえ、本当の難しさはそこではなく患者さんという相手との人間関係です。
指導が曖昧であったりわかりにくかったりしてはまず正しく服用をしてもらえませんし、逆に丁寧に何もかもを教えすぎてしまうと患者さん自身が薬に対して正しい理解をすることができません。

病気治療においては案外薬そのものの効き目よりも本人の「治りたい」という意志の方が重要になることも多いので、いかに患者さんとの距離をとっていくかということもまた薬剤師としての重要なスキルです。

Published in薬局のおしごと