1. /
  2. /
  3. 友人の転職祝い
お酒(鶴の友)

友人の転職祝い

保育士の友人の転職

先日、嬉しいニュースが飛び込んできました。転職を考えていた保育士の友人がいて、ときどき相談にも乗っていたのですが、ついに理想に近い転職ができたと連絡が入りました。
転職は大きな決断だったと思いますが、新しい職場でスタートを切ってとても充実しているように見えるので、無事成功して良かったなと安心しています。

仲のいいメンバーで集まって転職祝い

友人の転職の報告を受けて、仲のいいメンバーで集まって祝おう!という話になりました。以前は何かにつけて集まっていたのですが、最近はそれぞれ忙しいこともあってか中々集まる機会を作れていなかったので、転職祝いといいつつ心の中では久々に集まれることにワクワクしていました。みんなもそうだったようで、いつも以上に盛り上がっていたような気がします。

メンバーからそれぞれプレゼントをあげた

転職祝いといっても結婚や出産祝いじゃあるまいし、かしこまってもやりづらいなと思い、メンバー全員からそれぞれプレゼントをあげることにしました。何をあげようか?と色々悩んでみましたが、ネットで調べてみると転職祝いで贈るプレゼントの定番がまとめられていたので、その情報を参考にチョイスすることに。
せっかく調べたので、ブログのネタがてら転職祝いのポイントをまとめておきます。

プレゼントの予算

予算の平均は転職祝いを贈る相手との関係性で変わるみたいですね。
身内や家族なら1万~3万円程度が多く(意外と奮発しますね)、会社の上司へのプレゼントなら5,000円から1万円、友達や同僚へは3,000円から5,000円というのが相場のようです。あくまでも目安なので、お世話になった人へはさらに色をつけたり、とりあえず義理でという感じなら少し減らしても良さそうです。私の場合は一般的な予算を参考に、すこし色をつけてプレゼントを贈ることにしました。

プレゼントするモノ

定番のプレゼントは「ボールペン」でした。どんな仕事でも1本は必要ですし、ブランドやグレードも色々あるので予算に合わせて選びやすいのが人気みたいですね。迷ったらとりあえずボールペンが無難(私もボールペンを選びました)。
転職祝いに限りませんが、「お酒」もプレゼントとして人気のようです。お酒好きの相手なら好みのお酒でちょっといいものをプレゼントしたり、思い入れの強いシチュエーションならオリジナルラベルをつけて寄せ書きを書くなんてのもいいですね。他のメンバーはお酒のプレゼントが多かったですね。1つは友人がその場であけてみんなで飲みました。喜びを共有できるのもいいですね。

そんな感じで、保育士の友人の新しいスタートをみんなで祝ってきました。相変わらずみんな忙しい日々を過ごしていますが、これからも仲良くつるんでいこうと思います。